トップページ

リフォーム案内

キッチンリフォーム

キッチンリフォーム

料理にこだわる、会話の弾む、家族の中心となる空間

キッチン基礎知識

キッチンは、ダイニングやリビングがどう繋がっているかで、調理スタイルや家族のくつろぎ方が大きく変わります。
家族みんなが集まる空間だからこそ、機能選びだけでなく、レイアウトやスタイルもじっくり検討して、あなたにあったピッタリのキッチンにしましょう。

キッチンのスタイル

キッチンのプランニングをするときに、最初に決めなければいけないのはキッチンのスタイルをどうするかということです。?では!自分にはどんなキッチンのスタイルが合うのでしょうか??あなたの家にぴったりのキッチンタイプを見つけて納得のいくプランをたてましょう!

キッチン写真


キッチンのタイプ選択

コックさんタイプ:独立型キッチン

一人で調理に没頭したい!凝った料理を作りたい!!
そんな方にぴったりなキッチンは、ダイニングから独立したキッチンプラン。
さらに、高機能な設備や大型収納などを設置できるキッチンレイアウトがお勧めです。

効率優先タイプ:オープンキッチン

効率的に動きたい!使い勝手が良いのが一番!!
そんな方にぴったりなキッチンは、ダイニングとキッチンが一体化したキッチンプラン。
キッチンからダイニングが一体のインテリアになります、キッチンの素材選びは一層こだわってみましょう。

ファミリータイプ:対面式キッチン

小さな子供の目が離せない!家族の様子を見ながら料理をしたい!!
そんな方にぴったりなキッチンは、キッチン部分は独立しながらもダイニングと一体感もあるキッチンプラン。
対面のカウンターも工夫次第で個性的な空間を作ることができます。

社交的タイプ

楽しく料理を作りたい!ホームパーティーを楽しみたい!!
そんな方にぴったりのキッチンは、部屋の中心にキッチンを配置したキッチンプラン。
他の部屋とのつながり方を考えて空間作りをすることがポイントです。

キッチンスタイルの説明

壁付型

キッチンセット全体が壁面に付いて設置するのが、壁付型。一戸建てでは窓に向って設置するケースが一般的です。

ペニンシュラ型キッチン

キッチンセットの一部を壁面に付けて設置するのがペニンシュラ型。壁面に接していない部分が「半島」のように部屋に向かって突き出ることからこう呼ばれています。

アイランド型キッチン

キッチンセットを完全に壁から切り離して設置するのがアイランド型。文字どおり「島」です。コンロ部分は壁付けで、シンク部分がアイランド型になっているタイプ、あるいはその逆のタイプ、また、シンク、コンロともにセットされてアイランドになっているタイプがる。

  オープン セミオープン 独立
壁付型キッチン 間仕切壁
収納ユニット
ペニンシュラ型キッチン 壁面または
対面キッチンユニット
 
アイランド型キッチン    

キッチンのレイアウト

キッチンのレイアウトは、色々のパターンがあります。一般的にI型・L型が多いです。
キッチンの空間を考えて、使い勝手の良いレイアウトにしましょう。

I型キッチン
冷蔵庫・シンク・コンロを一列に並べたベーシックなプランです。
作業動線も直線的なのでシンプルなレイアウトです。
狭いキッチンのリフォームにおすすめです。
I型 L型キッチン
ワークトップをL型に配置して作業スペースが広く、動線はスムーズになります。コーナーの使い方には配慮が必要です。
L型
2列型キッチン
作業スペース・収納を多く取れるレイアウトです。I型にくらべると作業動線は短くなりますが、よりスペースが必要になりますので、シンクとコンロの配置には工夫が必要です。
2列型キッチン U型キッチン
ワークトップをU型に配置しL型に比べるとカウンターや収納スペースが広がります。リフォームでは、シンクとコンロを直角に配置すると動線がスムーズになります。
U型キッチン
アイランド型キッチン
カウンターの一部を島のように独立して配置したレイアウトです。多人数での作業が可能で、家族や友人と料理が楽しめます。アイランド周りには広いスペースが必要になります。
アイランド型キッチン ペニンシュラ型キッチン
2・L・U型などのレイアウトの一部が壁面から室内へ半島のように突き出したレイアウトです。DKまたはLDKのような複合型キッチンの場合に採用されます。U型をセミオープンにするとペニンシュラ型とも呼びます。
ペニンシュラ型

キッチンの設備

キッチンに大別して2種類あります。まず、今主流である「システムキッチン」は、設備機器、天板、扉、収納パーツなどの部材の組み合わせることで、好みのキッチンを作ることができます。
一方、「オーダーメイドキッチン」は、あなただけのオリジナルキッチンができるので、こだわり派の方におすすめです。

キッチンの設備図 吊り戸棚 キッチン廻りの壁 水栓 シンク ベースキャビネット レンジフード コンロ ワークトップ 収納ユニット ビルトイン機器

吊り戸棚

身長にあった高さが選べるのはもちろん、最近は開き扉タイプに加え、上下開閉式なども選べます。中の収納物が手動や電動で昇降する機能を付けるのが使い勝手が良く、人気があります。上手く使えば収納棚1個分程度の物を収めることが出来る空間ですが、高い位置に取り付けることが多いため、地震の際に収納物の落下が心配されますので、万が一の時に扉が開かないようにする耐震ラッチの取り付けは必須です。

キッチン廻りの壁

キッチン前の壁部分では、お掃除しやすく、防火性が高いキッチンパネルが人気です。素材や色柄も多彩です。個性を重視したい方には好みのタイルで仕上げるのもお勧めです。

水栓

シングルレバーでハンドシャワー付が一番人気です。また、浄水・製水などの機能が一体化されたものもあります。その中でも一番のお勧めは、水流に空気を含んで30%程度の節水効果が期待出切るエコ水栓です。

シンク

「会話やTVの音が聞こえない」などのイライラを軽減するために、シンクにぶつかる水の音を軽減させる清音シンクが主流です。また材質も、ステンレス以外にもカラーが豊富な人工大理石も選べ、ワークトップとシンクの継ぎ目がないシームレスタイプは、継ぎ目汚れが無くなり、お掃除がラクになります。

ベースキャビネット

「開き扉」と「引き出し」タイプの2種類があり人気なのが「引き出し」です。どちらの扉も面材が豊富なので好みの色柄を選べます。現在のキッチンは足元付近まで収納可能な引き出しタイプが主流で、収納力がUPしているのは勿論ですが、中の物が奥まで確認し易く、取り出し易いのが特徴です。小さな食器棚が1つ不要になるほどに収納力は上がります。

レンジフード

ファンはプロペラタイプ・シロッコタイプがありますが、音が小さく、外風に影響を受け難いシロッコタイプが現在の主流です。また、油汚れなどがつき易く、家の中でもお掃除が最も大変な箇所だけに、油汚れが落としやすく、お手入れが楽なタイプが人気です。

コンロ

IHクッキングヒーターのトップはガラスしか選択出来ませんが、ガスコンロでも見た目にゴージャスでお手入れが楽なガラストップタイプが人気です。グリルは水が不要な無水両面焼きタイプがお勧めです。

ワークトップ

現在の主流は見た目が豪華でカラーの豊富な人工大理石です。シンクの人工大理石と違う色を選ぶことも可能です。ワークトップとシンクを人工大理石で揃えると、継ぎ目がなくなるシームレス仕上げにとなり、継ぎ目汚れの心配がなくなります。また、衛生的な素材であるステンレスも表面にキズがつきにくい加工を施すものが多く、まだまだ高い人気を保っています。

収納ユニット

キッチンの横や背面に設置する収納ユニット。
デザイン性に加え、多彩な収納物に対応できる機能が魅力です。

ビルトイン機器

食器洗い乾燥機をベースキャビネットにセットできますが、従来は引き出し式が人気でしたが、現在では収納力が高い前明け式も人気です。また、オーブンレンジなども取り付けることが出来ます。

豆知識

使いやすいキッチンとは、使う人が楽な姿勢で作業ができることです。

ワークトップの高さ
ワークトップの高さを選ぶ基本は、「身長÷2+5cm」とされています。
平均的なシステムキッチンの高さは、85cm、メーカーにより高さが選べます。

奥行き
奥行きは通常65cmでほかに、60cm・75cmがあります。使う人にあったものでないと
「吊り扉に手が届かない」や「水栓が使いにくい」などの不満が出ます。

システムキッチンを購入前には、事前にショールームで確認をお薦めします。

クリナップ

サンウエーブ

TOTO

パナソニック電工

リフォームのお問い合わせはテンイチへ

電話からのお問い合わせ

電話でのご相談は、下記フリーダイヤルにお電話ください。

電話番号:0120-037-114

パソコンからのお問い合わせ

下記のリンク先のお問い合わせフォームよりご相談下さい。後日、テンイチスタッフよりご返事致します。

無料見積り・相談