浴室リフォーム

一日の疲れを癒す、ゆとりの空間

浴室の基礎知識
  1. 在来工法
    バスタブやタイル、水栓などを選べるので個性的な浴室になります。浴室の広さも自由で、部分的なリフォームも可能です。工期がかかるのが難点です。
  2. システムバス
    断熱性や機能性などの性能面がすぐれています。
    工期が早く、品質が統一なのが特徴です。

浴室写真


システムバス

現在の浴室(風呂・バスルーム)リフォームの主流は「システムバス」です。機能・デザインが豊富となり、入浴スタイルに合わせたお気に入りの「システムバス」をお選びできます。

換気扇 天井 壁 窓 浴槽 床 照明 ミラー・収納 水栓 カウンター 出入り口 その他

換気扇

換気タイプ換気暖房乾燥タイプがありますが、寒い日のヒートショックを防いだり、、梅雨時や長雨の時には乾燥室としても使えるようになる換気暖房乾燥タイプがお勧めです。

天井

天井はフラットタイプドームタイプがありますが、開放感を求めるならドームタイプがお勧めですが、現在の人気はシンプルなフラットタイプです。

断熱性、清掃性の高く、木目調や石目調などいろいろな柄や色彩から選べるパネルが人気です。
また、壁1面だけを違う色に変えると、部屋にアクセントが加わりお洒落感がUPします。また、タイルなどの素材も選択可能です。

一般的な引き違いだけではなく、ルーバー窓や出窓も選べます。ガラスは断熱性の高いペアガラスがお勧めです。また、防犯性を高め、目隠し機能を持ったルーバー格子を合わせて設置することをお勧めします。

浴槽

4時間たっても2℃しか下がらないほどに保温性が高い保温浴槽はエコに繋がり、家計にも優しく大人気です。素材はFRPや人工大理石やホーローがありますが、浴槽表面の滑らかな仕上げで肌触りが良く、キズがつきにくくお掃除が楽な人工大理石製が人気です。

冬場に足を踏み出すのがイヤだと感じることがなくなるのが、現在のシステムバスの特徴です。電源を使わないのに自然に温かみを感じる素材や表面の加工方法に大きな特徴があります。昔のタイル風呂の床とは比較になりません。

照明

1~2灯の壁付きタイプが主流ですが、最近では、ダウンライトLEDランプで光を楽しみながらの入浴するスタイルも人気が高まっています。

ミラー・収納

縦長・横長などデザインや大きさが選べ、曇り防止機能なども付けられます。また、収納は必要に応じてサイズや形状を選択できます。

水栓

水流に空気を混ぜて節水と心地よさを両立させたり、吐水・止水をボタン一つで簡単の操作できる、エコな節水シャワーが人気です。洗い場の水栓金具は、洗顔中の目が開けられなくても操作が簡単なタッチ式がお勧めです。

カウンター

カウンターは風呂桶を置いたり、小物を置くのに便利ですが、カウンターが無ければ、洗い場が広く使えます。用途に応じてカウンターの有無を決めましょう。

出入り口

入口の段差が無いバリアフリータイプが主流です。開口はドア・折れ戸・引き戸タイプがありますが、将来的なご家族の体の変化なども考慮しながら、選ぶ必要があります。

手摺

床は滑りにくい加工が施されていますが、水に濡れていると、滑り易くなってしまうのは致し方ありません。浴室や浴槽への出入りが楽になるように手摺を設置すると安全性が高まり、動作らラクに行えるようになります。

テレビ・音楽

お風呂タイムを充実させるために、テレビや音楽を聴くシステムもあります。

システムバスのサイズ

1216サイズ(0.75坪)・1616サイズ(1坪)・1620サイズ(1.25坪)が主流です。最近では、メーカーにより、より広く浴室を取る工夫がなされています。

1216サイズ(0.75坪) 1616サイズ(1坪) 1620タイプ(1.25坪)

浴室内寸が
1200mm×1600mmのタイプ

浴室内寸が
1600mm×1600mm

浴室内寸が
1600mm×2000mmのタイプ

システムバス製品情報

TOTO

ヤマハ

クリナップ

タカラスタンダード

リフォームのお問い合わせはテンイチへ

電話からのお問い合わせ

電話でのご相談は、下記フリーダイヤルにお電話ください。

電話番号:0120-037-114

パソコンからのお問い合わせ

下記のリンク先のお問い合わせフォームよりご相談下さい。後日、テンイチスタッフよりご返事致します。

無料見積り・相談