トップページへ

施工事例

屋根リフォーム

毎日の生活を快適に変えるテンイチのリフォーム

屋根リフォームの最近の施工事例

カラーベスト屋根の塗装の依頼を受けましたが、カラーベストの塗膜に多数に気泡があり、

新しい塗装したとしても、古い塗装面の悪影響を防ぐことが出来ないと判断したため、

天然石コート軽量屋根<ディプロマット>を重葺きさせていただきました。









塗膜に沢山の気泡があるリフォーム前のカラーベスト   ディプロマットを葺重ね
富士H様 屋根施工後UP.JPG富士H様 屋根施工前UP.JPG
外壁の目地切れ                    屋根以外は塗装仕上げ
富士H様 外壁塗装.JPG富士H様 外壁目地切れ.JPG
完成画像
富士H様  ディプロマット施工後2.JPG




お客様の要望

①倉庫屋根の雨漏りを直したい

②倉庫内が暗いので、明り取りをつけたい

今回は、そんなお悩みを解消させていただいた事例です。







倉庫内から見た天井<葺き替え前>                  倉庫内から見た天井<葺き替え後> 
御前崎O様 倉庫内後.JPG御前崎O様 倉庫内前.JPG 






保護モルタルで覆われているバルコニーの雨漏りは、モルタル下の防水層に不具合が生じると

 

雨漏りする訳ですが、防水層の不具合箇所をピンポイントで特定することは、防水層が視認出来ない

 

特性上、ほぼ困難です。

 

10年以上経年した防水層に不具合が生じた場合には、新しい防水層を作り直すことが必要です。








現状のバルコニーを高圧水洗浄             既設の保護モルタルの上にプライマー処理

沼津H様 バルコニープライマー処理.jpg沼津H様 バルコニー高圧水洗浄.jpg

既設と新しい防水層を緩衝させない絶縁シート      下地と新しい防水層の水蒸気を逃がす脱気筒

沼津H様 バルコニー脱気筒.jpg沼津H様 バルコニー絶縁シート.jpg

絶縁シートの上に防水層形成               トップコート塗布


沼津H様 バルコニーウレタン塗膜防水1層目.jpg沼津H様 バルコニーウレタン塗膜防水2層目.jpg

外壁継ぎ目の防水シーリングが切れ、窯業サイディングの裏側に水がまわり、外壁材の表面が

ボロボロになった、案件のリフォーム事例をご紹介させていただきます。











目地が切れ、外壁の表面が剥がれ、内部がボロボロに   外壁材をはがした状態
吉田N様 バルコニー出隅腐食撤去後.JPG吉田N様 バルコニー出隅腐食.JPG
新しい外壁を取り付ける前に防水テープで内部止水処理  新しい外壁材を取付
吉田N様 バルコニー出隅貼替.JPG吉田N様 バルコニー出隅腐食下地補修.JPG
新しい外壁材を塗装した状態              他の悪い箇所も外壁張り替え
吉田N様 外壁貼替.JPG吉田N様 バルコニー出隅塗装後.JPG
屋根塗装前                      屋根塗装後
吉田N様 屋根塗装後.JPG吉田N様 屋根塗装前.JPG






今回の工事は、割れやヒビが目立ち、雨漏りしているカラーベスト屋根が対象です。

工事前に、屋根診断をしたところ、雨漏りの原因はカラーベストの割れだけではなく、

下記のことが推測されました。

①カラーベストに必要な屋根傾斜が足りない(現状2.5/10勾配ですが、実際には3/10必要)  

②雨漏りしていることから、屋根の下の防水シートも劣化している

以上のことから、屋根は塗装ではなく、葺き替えをお勧めさせていただきました。







天井裏の野地板に雨シミ発見              雨は和室の天井に落ちてしまいました
磐田K様 雨漏り(和室天井).JPG磐田K様 雨漏り(天井裏).JPG

カラーベストを撤去した後に、新しい防水シート設置   ガルバリューム鋼板製の立平葺き完成
磐田K様 縦平施工後.JPG磐田K様 防水シート.JPG





リフォーム施工事例

見積もりと資料請求

保証について

テンイチの保証について