毎日の生活を快適に変えるテンイチのリフォーム

オール電化の最近の施工事例

マンションの和室を洋間に替え・リビングと一体化させました。

従来の収納方法が限定されていた押入れもクローゼットに替えて、自由度が高く、洋風にマッチした

収納空間にリフォーム出来ました。

 

 

押入れと違いクローゼットの足元は段差を無くしました       既設の床との見切りはこのように仕上がりました

函南 k様 クローゼット段差なし.jpg 函南 k様 既設床との見切り.jpg

既設の障子の鴨居部分はこのように仕上げました             飾り窓は既存のままですが、違和感はありません

函南 k様 障子の鴨居部分 後.jpg 函南 k様 飾り窓 後.jpg

以前使用していた深夜電気温水器には給湯機能以外はついていませんでした。

今回、エコ給湯に取り替えることにより、リモコン操作でのお湯張り・追い炊き・足し湯が出来るように

なりました。

 

 

取替え前の深夜電気温水器は専用小屋の中に保管されていました

袋井 S様 深夜電気温水器2.jpg

 

 

大震災前は「オール電化」という言葉は、「エコの象徴」のような言葉で使われることが多かったですが、電力供給の不安などから 「電力会社のCM」が激減し、「だって、そういう時代でしょ!」という言葉も使われなくなってしまいました。

しかしながら、エコキュートがお得なことは、一向に変わりません。むしろ、以前よりもお得になっています。それは、価格です。

今回の価格は工事費込みで45万円。これは、2~3年前よりも10~15万円ほど安くなっています。商品が大量に普及した結果、商品価格が下がっていることと、施工方法が確立してきた結果によるコストダウン効果です。

 

エコキュートをがっちり固定するためにコンクリート土台を設置       エコキュートは電気製品に付き、配線中 

焼津 Y様 エコキュート施工中1.jpg 焼津 Y様 エコキュート施工中2.jpg

IMGP0138.JPG IMGP2847.JPG従来のキッチンの全面には窓が2個ついており、換気や採光には十分な機能を備えておりました。又、お湯については瞬間湯沸かし器を使用しており機能的には問題ないのですが、安全面を考慮して、今回はシステムキッチンに取替えさせて頂きました。左側の窓を一つ無くして換気扇を取りつけ、防火対策をした上で、IHクッキングヒーターを取りつけました。もう一つの窓についてもキッチン用の出窓に取替えさせて頂きました。キッチン天板もキズが付き難く、お手入れが簡単な人造大理石を選択しました。見違えるような空間に変わりました。
完成.JPG給湯機器をプロパンガス用ボイラーからエコキュートに取り替えました。2人暮らしの為、300リットルタイプの物を希望していましたが、普及品の多くの物は370リットルか460リットルのいずれかであり、300リットルタイプの方が割高になる為、今回は370リットルタイプを選択して頂きました。

リフォーム施工事例

見積もりと資料請求

保証について

テンイチの保証について