毎日の生活を快適に変えるテンイチのリフォーム

2013年7月リフォーム施工事例一覧

1・2Fのトイレを同時に交換しました。2Fにはシャワー機能を付加しました。

水の使用量は大1回13リットル→4.8リットルに激減し年間で71%もの節水効果があります。

水道代で年間1万4200円の削減になり、環境にもお財布にもエコになります。

 

 

2Fトイレ 取替え前                                  2Fトイレ 取替え後 シャワー機能付

      裾野 S様 トイレ 2F before.jpg 裾野 S様 トイレ 2F after.jpg

 

水を多量に使用する浴室は、建物の中で最もシロアリが発生しやすい場所です。

今回は、窓の下部分の木材がシロアリの食害を受けておりました。

窓近辺は、シャワーなどの水が掛かるだけでなく、結露が発生し易い箇所であり、

シロアリ他不快害虫が生育しやすい環境が整ってしまうところです。

今回はタイル風呂→ユニットバスにリフォームしましたが、水漏れリスクが少ないのが

ユニットバスの大きな特徴です。

 

既設のタイル風呂解体中です                     既設の浴室を解体した後です

駿河区 T様 浴室解体中.jpg 駿河区 T様 浴室解体後.jpg

窓の木下地がシロアリの被害に・・・                 シロアリの被害にあった木材は取り替えました

駿河区 T様 白蟻被害.jpg 駿河区 T様 白蟻被害 復旧後.jpg

 

 

壁から屋根が突き出たひさしの裏側である軒天の耐火ボードが破損しました。

通常は割れたりする場所ではないため、大風の時にでも飛散物が運悪く当ってしまったかどうかは

分かりませんが、割れたところに、足長バチが巣を作り始めてしまいました。

これを見ると、生き物はたくましく生きていますし、日本の住宅は小動物や昆虫などの生き物の侵入

を阻止したり、巣を作られにくいように考えて作られていることがわかります。

 

 

足場の一番上のところに穴が開いていました             軒天の穴の中にハチの巣がありました

初生:I様 軒天補修施工前.jpg 初生:I様 軒天補修施工前 ハチUP.jpg

 

 

 

水廻り(キッチン・浴室・トイレ・洗面)などをリフォームする場合には、給水や給湯の変更が必要にな

るケースが多々出てきます。

戸建住宅の場合には、給水や排水などの位置を変更することについての自由度は比較的高いので

すが、マンションやビルなどの場合のは比較的自由度が低くなるケースが多くなります。

これは、壁や床の壊すことのできない躯体自体に給排水管が埋められているケースが多いから す。

今回のトイレの交換も壁排水位置の変更が出来ない制約がありました。

 

 

 リフォーム前の壁排水                             リフォーム後の壁排水

三島 O様 壁排水施工前.jpg 三島 O様 壁排水施工後.jpg  

リフォーム前の床の汚れ 便器をとると目立ちます

三島 O様 床取替え前.jpg

 

 

 

マンションのユニットバスの浴槽を交換しました。

浴槽は、ただ置いてあるわけでなく、固定されていたり、追い炊き配管や排水などとも繋がなくては

なりません。

 

浴槽を入れ替えする際に緩衝するリモコンは脱着           水洗金具も脱着

三島 S様 リモコン取り外し.jpg 三島 S様 水洗金具取り外し.jpg

追い炊き用の循環金具の脱着が必要です 

三島 S様 追い炊き用循環金具取替え.jpg

リフォーム施工事例

見積もりと資料請求

保証について

テンイチの保証について