毎日の生活を快適に変えるテンイチのリフォーム

2013年5月リフォーム施工事例一覧

トイレの出入り口をドアから引き戸に変えて、床の段差を無くしてバリアフリー化しました。

内部についても男性用の小便器を撤去して、スペースに余裕が出たので、チョットした物が置ける

カウンターと、安全性がUPする手摺を取り付けました。

 

 

施行前はドア                                 施工後は引き戸にしました。開け閉めラクラクです。

沼津 K様 和式→洋式トイレ 入口ドア 前.jpg 沼津 K様 和式→洋式トイレ 入口引き戸 後.jpg

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 施行前は床面に段差があります                   施工後は段差がなくなりました

沼津 K様 和式→洋式トイレ 入口段差 前.jpg 沼津 K様 和式→洋式トイレ 入口段差 後.jpg

ユニットバスにリフォームしたいというご要望は、浴槽を含めた浴室内の大幅な断熱効果向上に伴い

大幅に増えてきています。

今回はタイルの浴室をユニットバスに取り替えましたが、断熱性以外に段差を無くし、手摺を取りつけ

て、安全性や出入りにし易さは大幅に向上しました。

 

 浴室入口はリフォーム前は段差がありました             リフォーム後が段差が無くなりバリアフリーになりました 富士宮 U様 浴室施工前入口段差.jpg 富士宮 U様 浴室施工後入口段差.jpg

 

 

 

 

洗濯器の水洗金具の取替え前です                 洗濯器用の水洗金具はホースの取り外しが容易にできます

富士宮 U様 洗濯機水洗金具施工前.jpg 富士宮 U様 洗濯機水洗金具施工後.jpg

洋間やリビングなどの室内から直接外に出られるウッドデッキは開放感が抜群であり、遊び心をくす

ぐる空間であることは間違いありません。

しかし、高温多湿の気象条件では木製のウッドデッキは、メンテナンスの難しさが難点でした。

今回、お客様に選んでいただいた「三協立山アルミ 人工木ウッドデッキ ひとと木」は、構造材がア

ルミ製であり、床材は木粉と樹脂のハイブリッドで、腐食やメンテナンスの心配が大幅に軽減される

素材になっています。

 

 

既設のウッドデッキを解体中です                       構造材はアルミです

清水区 M様 ウッドデッキ解体.jpg 清水区 M様 ウッドデッキ施工中.jpg  

 

和式から洋式にトイレを変更する理由として多いのが、

①姿勢が楽

②シャワー機能をつけたい

③なんとなく古くさい

理由はさまざまですが、くつろぎ空間であるトイレの快適性をUPさせるのに、忘れてはならないのは

広すぎず、狭すぎない空間を確保することです。

今回のトイレ空間は畳4分の3の大きさでしたが、体の大きな男性などでは、少し圧迫感を感じる広

さだと思われます。

その圧迫感を少しでも解消するように、今回のリフォームでは、従来の洋式トイレよりも約10cm程コ

ンパクトかつスタイリッシュなタンクレストイレを取り付けました。

部屋内数法が約120cmの中で、10cmの足元にゆとりが生まれるのは大きいものです。

 

 

既設のトイレを壊して給排水管を直したところです。          耐水ベニアの床下地です。

駿河区 Y様  トイレ解体後・配管.jpg 駿河区 Y様  トイレ床下地.jpg  

 

 

湿気が多い水廻りと共にシロアリの被害が多いのが、玄関部です。

その理由は、建物の床下の中で玄関のタタキと呼ばれる靴などを脱いで家に上がる部分が、唯一、

風が通らないで湿気がこもり易い環境にあるからでしょう。

湿気の高い部分に不快害虫が発生するのは、なんとなく想像出来ますよね・・・

 

 

玄関廊下の床の正面に取り付けられたカマチと呼ばれる部分の被害  カマチと床と下地は取り替えました。

1清水N様 白蟻被害UP.jpg 清水区N様 防蟻被害 施工中.jpg

 

リフォーム施工事例

見積もりと資料請求

保証について

テンイチの保証について