毎日の生活を快適に変えるテンイチのリフォーム

2012年8月リフォーム施工事例一覧

近年のトイレは省エネ性能が格段に進歩しています。

トイレではダントツNO.1メーカーであるTOTO商品で比較しますと、

暖房便座の光熱費 10年前 469円/月  →  現在 112/月(アプリコット)       

なんと、電気代は約4分の1に減り、年間では約4200円の光熱費ダウンになります。

次に節水機能ですが、これも驚きの進化です。                               

排水量(大)  10年前 13リットル  →  4.8リットル(ピュアレストQR)              

お風呂の水で年間約200杯(200ℓ/1杯)の節約になり、水道代に換算すると13735円にもなります。

 

 

 

 

 

2Fの履き出し窓からバルコニーに出られる家は非常に多いと思われますが、せっかく設置したバルコニーを全く使わない方も沢山います。

①洗濯物は乾燥機を使用する

②花粉などのアレルギー体質の為、窓の開け閉めは極力しない

③バルコニーの床は外と同じで汚れるから出たくない

今回は腐食して危ないスチール製バルコニーを撤去して、アルミ手摺に取り替えた工事です。

 

キレイに塗装してありましたが、格子内部が腐食していました    既設バルコニーを撤去したら、屋根に後がクッキリと・・

   

  焼津 K様借家 鋼製バルコニー腐食.jpg 焼津 K様借家 鋼製バルコニー撤去後.jpg    

 

台風などの大風が吹くと、建物の中でも飛散し易いものが幾つかありますが、その中の一つに屋根の頂上部分の部材である棟板金があります。

これは、殆どの場合には木製の下地材に釘などの金物で棟用の板金を固定しているだけですが、経年劣化で木材が腐食したり、固定金物や棟板金自体が錆びたり腐食したりすることにより、固定強度不足に陥った結果飛散してしまうという流れです。

今回は今年の6月の台風で飛散しかけた棟板金の取替え工事事例となります。

棟板金を取り外した下地の状態です。腐食した部分が黒ずんでいます  近くで見るとボロボロの部分も多数ありました

磐田 O様 棟板金取替え 旧木下地全景.jpg 磐田 O様 棟板金取替え 旧木下地ボロボロ.jpg 新しい木下地は防腐処理済の木材です。少し緑がかっています 屋根材と木下地の取り合いは防水シール処理をしました

磐田 O様 棟板金取替え 防腐木材取り付け.jpg 磐田 O様 棟板金取替え 防腐木材シーリング.jpg

今回のお客様のご希望のリフォームはタイル浴室からシステムバスに取り替えることでしたが、目的は「暖かく快適な空間にすること」でした。

今回は「TOTO サザナ」を選んで頂きましたが、こんな暖か機能が備えられています。

①一歩目が冷たくない「ほっ カラリ床」

②4時間で2度しか下がらない「魔法瓶ライト浴槽」

③密閉性が高く、温まりやすい室内空間

今回は、浴室を改装するにあたって、洗面所の床・壁・天井の化粧直しを一緒にしました。これは、元の浴室を解体する際に、洗面所側の床・壁・天井を少しだけ壊す必要がある為です。

 

リフォーム前の浴室入り口部分                     リフォーム後は段差がなくなりました。(バリアフリー)

葵区M様 洗面所 施工前.jpg 葵区M様 洗面所 施工後.jpg

 

 

 

L型のキッチンを入れ替えましたが、下記の2点が変更になりました。

①調理機器がガス→IHクッキングヒーターに

②食洗機が「据え置き方」→「ビルトインタイプ」に

キッチンは入れ替え前と同様メーカーの「タカラスタンダード社製 フレア」を選択して頂きました。

ホーロー製のこのキッチンは傷がつきにくく、お手入れがしやすいことが特徴です。お手入れさえしっかりとしておけば、経年変化の最も少ない商品といえるのではないかと思われます。

 

既設のキッチンを解体したところです。                   調理機器はガスからIHへ変更しました。  

駿河区Y様キッチン 解体後.jpg 駿河区Y様キッチン IH.jpg

 

リフォーム施工事例

見積もりと資料請求

保証について

テンイチの保証について