毎日の生活を快適に変えるテンイチのリフォーム

2012年5月リフォーム施工事例一覧

道路から敷地内に入る場所に「カーテンゲート」と呼ばれる開閉式の扉が取り付いているお宅も多いですが、扉の下に取り付いているキャスターの走行方法には、いろいろと違いがあります。

今回はフリーキャスタータイプの物からガイドレールタイプに取り替えました。これは、一重に耐風性UPのためです。

強風でカーテンデートが倒れてしまったり、暴れてしまう場合には、レール式をご検討されてみたらいかがでしょうか?

 

レールの中にガイドピンが刺さっているため、頑丈に固定されています。

駿河区M様 ガイドレール.jpg

 

 

 

トイレの主流は和式から洋式に変わり、立ち座りなどが大変楽になりましたが、人間というのは「更に楽なことや快適」なものを求める性質があるものです。

トイレで言えば、照明や換気扇などは人の気配を感じてオン・オフする人感センサー付のものが主流になりつつあります。そして、設備でいえば、便座のオート開閉機能がそれにあたるのではないでしょうか。

オート開閉式の便座を選ばれる方の動機は下記のようなものがあります。

①便蓋に触りたくない

②便蓋を開くとき、腰をかがめるのが苦痛

高速道路や駅などの公衆トイレのは、便蓋が最初からない場合もありますが、これだと、便座を暖める効率が悪く、省エネが叫ばれる昨今には不向きだといえるでしょう。便蓋を開け閉めすることは、見た目とともに、省エネの観点からも必要なことです。

小便器の水洗ボタンに不具合があり、今回一緒に取り替えました。  ボタンが大きくなり、使いやすくなりました。

島田M様 小便器水栓ボタン.jpg 島田M様 小便器水栓ボタン施工後.jpg

物置として使用している小屋を長持ちさせるために、既設の波板トタンの上に同形状の波トタンを葺き重ねました。

当然のことながら、これで雨漏りは解消されます。

既設の屋根をはがさずに施工することで、工期短縮と費用の削減に繋がります。

また、波トタン自体の耐久性は格段にあがっています。それは、ただの鉄板ではなく、アルミと亜鉛の合金メッキである、ガルバリューム鋼板を使用しているからです。

 

施工前の波トタン屋根の物置です                      遮熱性能の高いブルーの波トタンを新設しました

沼津S様 物置屋根施工前2.jpg 沼津S様 物置屋根施工後2.jpg

 

洗面化粧台の幅は60cm~90cm程度のものが大半です。その限られたスペースの中で行うことは多々あります。

手や顔を洗う、歯を磨く、小物を洗う、お化粧するなど用途はさまざまです。

それらの行為に伴って、当然のことながら、必要な備品もたくさん必要になり、結果的に、乱雑になりやすいなってしまいます。

今回の洗面化粧台は「TOTOサクア」に取り替えさせていただきました。幅は75cmを選択し、取替え前と同サイズになりますが、使いかっては大きく違います。

①ボール形状に特徴があり、手前が広く、奥が狭くなっているスクエアデザインで物がおきやすい。

②正面の鏡の裏側に小物収納のスペースが豊富にある。

③水洗金具が壁から出ているため、水洗金具まわりが汚れにくい

どちらが使い勝手がよさそうなのかは、いうまでもありませんよね。

 

既設の洗面化粧台を解体したところ。

駿河区O様 洗面化粧台施工中.jpg

 

 

 

 

今回は、浴室内のコーナー部分に鉄骨柱の出っ張りが生じているケースでした。リフォーム前は壁や床がタイル張りの一般的な在来工法でした。

「お手入れが楽で、なるべく冷たくない空間にしたい」とのご希望で、ユニットバスを選択しましたが、このように柱部分を切り欠くことが出来るメーカーは限られてきます

今回はタカラの「ぴったりサイズ伸びの美浴室」を選択しました。在来工法よりも防水性が高く、お掃除が楽で、床や室内が冷たくない空間が完成しました。

解体した状態ですが、右端に20cm各の鉄骨が見えます        鉄骨柱を切り欠いた部分です 

清水区M様 鉄骨住宅 タカラ浴室解体.jpg 清水区M様 鉄骨住宅 タカラ浴室鉄骨切欠き部分.jpg

リフォーム施工事例

見積もりと資料請求

保証について

テンイチの保証について