毎日の生活を快適に変えるテンイチのリフォーム

2011年12月リフォーム施工事例一覧

キッチンを取替える動機として多いのは、①壊れたから②お掃除してもキレイにならない③使い難いからなどです。

従来のキッチンの収納は開き扉式でしたが、今回はスライド式収納を採用しました。これは、収納物が入れやすく、取り出しやすいという利点があります。

うっかり、奥にしまっておいた物がうっかり消費期限切れなどということも少なくなりそうですね。 葵区N様 キッチン施工中.jpg

 

 

 

一昔前は和式のトイレが当たり前でしたが、昨今の新築住宅などで和室のトイレを付ける家は殆どありません。そして洋式トイレが主流になってから次のスタンダードはシャワー付便座を取り付けることだったでしょう。

そして、新しいスタンダードとして、「すっきりとしたデザイン」を求める方が多くなっています。これは、TOTOやINAXなどの大手設備メーカーのショールームなどを見れば一目瞭然です。殆どの展示品がタンクレスもしくはタンクレス風のすっきりとしたデザインに変わってきています。

今回の商品はTOTO社製GGです。この商品はタンクレス風で非常にスッキリとしたデザインに仕上がっています。そして、タンク部分のサイズがコンパクトになっていることから、設備の全長が従来よりも5cm程度短くなっています。それでけ、トイレの足元空間が大きくなることに繋がっています。

 

葵区N様 風呂施工中1.jpg 葵区N様 風呂施工後設備1.jpgタイル風呂からシステムバス(ユニットバス)に変更する動機はいろいあります。

①冬場はタイルの床が冷たい

②浴室が寒い

③足を伸ばせる浴槽にしたい

④足元が滑ったり、捕まる所がなくて不安全

⑤お湯が冷めやすく光熱費が掛かる

国内には浴室メーカーが数ありますが、上記のような問題点であれば、どのメーカー商品でも間違いなくクリアー出来ます。しかしながら、各社の違いは上記以外の所です。

今回の「クリナップはいろ」は、洗い場に特徴があります。それは、カウンターが固定式ではなく、イスにもテーブルにもなる優れ物です。使わない時には、イスと重ねることが出来て、小スペースにまとめられます。

テレビは壁に付けて設置するのが殆どですが、その部分の壁にアクセントをつけると、その空間はたちまちオシャレに早変わりします。

今回は、背面壁にリクシル(旧INAX)社製の「エコカラット」を取付ました。これにより、普通の壁が高級感溢れるデザインウォールに変わました。

また、「エコカラット」の一番の機能である「調湿性」が期待できます。冬場などの乾燥状態では湿気を放出し、梅雨時などの湿度の多い時には湿気を吸収します。これにより、「カラッと、気持ちが良い空間」を作り出す事ができます。

清水区i様施工後2.jpg

 

水に塗れると滑り易いコンクリート。表面が滑らかでキレイな仕上げになるほど、滑り易くなる特徴があります。

そんな場合には、滑り止め機能のついた塗装をお勧めします。この塗料は、塗料の中に粉かい石状の骨材が混入されており、塗れているところでもグリップ力を発揮します。

プールサイドなど、最も滑るイメージの所にも使われております。

before (1)2.JPG after (1)2.JPG

 

 

リフォーム施工事例

見積もりと資料請求

保証について

テンイチの保証について